健診結果の見方・検査所見の見方・検査でわかること

健診用語辞典

心電図
心電図
心電図
検査でわかること

心電図の波形によって、心臓の拍動のリズムの異常や心筋梗塞、狭心症、心肥大、不整脈等の心臓の異常や状態が分かります。異常がある場合は、疑わしい種類に応じて、負荷心電図、ホルター心電図、心エコー等の検査を行います。

狭心症とは
心電図
検査所見の見方

冠動脈(心臓を栄養する血管)の内部が一部狭くなり、心臓への酸素不足が原因となって、胸痛発作をおこします。

心筋梗塞とは
心電図
検査所見の見方

冠動脈(心臓を栄養する血管)の内部が一部狭くなり、心臓への酸素不足が原因となって、胸痛発作をおこします。

陳旧性心筋梗塞とは
心電図
検査所見の見方

以前に心筋梗塞を起こしたことがある状態です。心筋梗塞とは冠動脈(心臓を栄養する血管)の内部が血栓(血のかたまり)で詰まり、血液が流れなくなって心筋が壊死(組織の1部が死ぬこと)をおこすことをいいます。

WPW症候群とは
心電図
検査所見の見方

心臓を動かしている電気の通る電線のような道が余分にあるため、不整脈など異常がおこりやすくなります。頻拍発作を伴うものは治療の対象となります。発作のない場合は経過観察のみですが、時に先天性の心臓病などを合併していることもあるので、一度は専門医の診断を受ける必要があります。

陰性T波、ST降下・低下とは
心電図
検査所見の見方

心電図で心筋虚血状態の疑いがあるという所見がでているということです。心筋虚血とは、心臓を養っている血管に動脈硬化性の変化があって、心臓の酸素供給が円滑にいっていない状態をいいます。心臓の栄養不足のため心臓が正常な動きをしていない可能性があります。詳しい検査が必要です。

T波平低とは
心電図
検査所見の見方

心電図で心筋虚血状態の疑いがあるという所見がでているということです。心筋虚血とは、心臓を養っている血管に動脈硬化性の変化があって、心臓の酸素供給が円滑にいっていない状態をいいます。心臓の栄養不足のため心臓が正常な動きをしていない可能性があります。詳しい検査が必要です。

R波減高とは
心電図
検査所見の見方

心電図の波形の形で、本来なら山形になっている部分が通常より低くなっている状態です。心筋障害、心膜の炎症、肺気腫のときなどにみられますが、心配のないこともあります。

QT延長とは
心電図
検査所見の見方

心配ないものもありますが、電解質の異常(血液のカリウムなどが低い場合など)やその他の病気を原因とするものがあります。軽度のものでは経過観察とし、高度のものでは精密検査が必要となります。

QT短縮とは
心電図
検査所見の見方

心配ないこともありますが、電解質の異常で時に高カルシウム血症のことがあります。

T波増高とは
心電図
検査所見の見方

心配ないことも多いですが、時に電解質の異常(血液のカリウムなどが高い)場合などがあります。

ST上昇とは
心電図
検査所見の見方

心配ないことも多いですが、時に心筋梗塞や狭心症の発作を示していることもあります。胸や背中などに痛みがあるなどの症状があれば精密検査が必要となります(高齢者や糖尿病などある方は症状が出にくいことがあります)。

短いPR間隔とは
心電図
検査所見の見方

心臓を動かしている電気の流れが短いか、通常とは異なったルートで電気が流れている状態です。動悸発作などの症状がある場合は治療が必要です。

左室肥大とは
心電図
検査所見の見方

高血圧が原因となっていることが多く、その他に弁膜症、虚血性心臓病、心筋症、先天性心臓病等、いろいろの場合があります。

右室肥大とは
心電図
検査所見の見方

心室には右室と左室がありますが、そのうち右室の肥大を意味します。必ずしもあてはまるわけはありませんが、先天性疾患(肺動脈弁狭窄症や先天性心臓病)や弁膜症(僧帽弁狭窄、三尖弁疾患)等が考えられ、専門医の診断を受ける必要があります。

心肥大とは
心電図
検査所見の見方

高血圧などが原因で心筋(心臓を形成している筋肉)が厚くなり、血液を送り出す機能が弱まってしまいます。スポーツ心臓などの場合は症状のないことが多いですが、時に息切れ、呼吸困難、胸痛などをおこすことがあります。

rsrパターンとは
心電図
検査所見の見方

心室での電気の流れに時間がかかることをいいます。

QS型とは
心電図
検査所見の見方

心電図の波形で、本来なら現れるべきR波(山形の最も高い波)が消失しています。心筋梗塞、心筋症など強い心筋障害によってみられます。

不完全右脚ブロック・完全右脚ブロックとは
心電図
検査所見の見方

心臓の興奮の命令を伝える電線のような経路に右脚と左脚があります。そのうち右脚の伝導に時間がかかる状態です。心配ないことも多いですが時に心臓の病気があることがあります。

完全左脚ブロックとは
心電図
検査所見の見方

心臓の興奮の命令を伝える電線のような経路に右脚と左脚があります。そのうち左脚の伝導に時間がかかる状態です。何か心臓の病気があることが多いので精密検査を受ける必要があります。

第I度房室ブロックとは
心電図
検査所見の見方

心臓には、心臓を動かすための電気が通る電線のような通り道が心臓の各部屋にそれぞれ存在しています。その電線を通る電気のスピードが通常よりもゆっくりのスピードになっている状態です。自律神経が関係している場合が多いですが、感染症や抗不整脈薬服用時に出ることもあります。

第II度房室ブロックとは
心電図
検査所見の見方

心臓には、心臓を動かすための電気が通る電線のような通り道が心臓の各部屋にそれぞれ存在しています。その電線を通る電気が時々途切れて心臓の動きに異常をおこすことがあります。病的でないことも多いですが、時にペースメーカーが必要になる場合もあります。

第III度(完全)房室ブロックとは
心電図
検査所見の見方

心房と心室が別々のリズムで活動します。脈の数が極端に少ないことが多く、めまいや気の遠くなる発作をしばしば伴います。専門医の診察が必要です。

上室性期外収縮とは
心電図
検査所見の見方

心臓の上部から余分な電気が発生して心臓を刺激する場合をいいます。緊張、興奮、ストレスなどで起こることもあります。動悸を感じる場合や頻回に出る場合は薬物で治療することもあります。

心室性期外収縮とは
心電図
検査所見の見方

電気の発生源が通常ではない心室部位から、通常のリズムよりも早く発生した状態をいいます。多くの心疾患や、健康な人でも興奮、喫煙、過労の時などにみられます。治療の必要なこともあります。

心房粗動とは
心電図
検査所見の見方

心房が1分間に250回程度規則正しくけいれんをおこしている状態です。心臓病がある方や、心臓病がなくても頻繁に起こる場合などは心臓に負担がかかります。詳しい検査が必要です。

心房細動とは
心電図
検査所見の見方

心房が1分間に250回程度規則正しくけいれんをおこしている状態です。心臓病がある方や、心臓病がなくても頻繁に起こる場合などは心臓に負担がかかります。詳しい検査が必要です。

肺性Pとは
心電図
検査所見の見方

何らかの原因で肺の血液の循環が悪くなり、心臓に負担がかかっている可能性があります。詳しい検査が必要です。

左軸偏位とは
心電図
検査所見の見方

心臓内の電気の流れは、通常は右上にある右房から下方の左室と右室にながれています。「左軸偏位」とは電気の流れが左側に偏って流れています。健康な人でも肥満者や妊娠後期、老人にもしばしばみられます。異常な場合、心臓を動かす刺激伝導系に問題のある場合、左室肥大に伴う場合等があります。

右軸偏位とは
心電図
検査所見の見方

心臓内の電気の流れは、通常は右上にある右房から下方の左室と右室にながれています。「右軸偏位」とは電気の流れが右側に偏って流れています。小児では一般にみられ、健康な人では、やせた人にときにみられます。病的な場合、ときに右室肥大など心臓病のことがあります。

僧帽性Pとは
心電図
検査所見の見方

心臓の1部の部屋の内部が、何らかの原因のため圧が高くなり負担がかかったときにでる心電図の波形です。

高電位とは
心電図
検査所見の見方

心電図の波形の波の高低差が大きいことをいいます。心臓をとりまく筋肉に異常のある場合(左室肥大など)におこることがありますが健康な人でもみられます。

低電位とは
心電図
検査所見の見方

心電図の波形のふれが小さいことを意味します。心配ないことも多いのですが、時に手足のむくみや甲状腺の病気など病的のこともあります。

両房負荷とは
心電図
検査所見の見方

心臓の左右の部屋に高血圧などにより、負担がかかっている状態です。

冠状静脈洞調律とは
心電図
検査所見の見方

心臓を動かすための最初の電気命令が、通常とは違うところからでている状態です。

異所性心房調律とは
心電図
検査所見の見方

心臓を動かすための最初の電気命令が通常とは違う場所(心房)で起こっている状態です。

時計方向回転とは
心電図
検査所見の見方

心臓自体がやや左方向に回転していることをいいます。心肥大のことがまれにあります。

上室性頻拍とは
心電図
検査所見の見方

心臓を動かすための最初の電気命令が通常とは違う場所で発生し、かつ非常に早いリズムで心臓が動いている状態です。

洞性頻脈とは
心電図
検査所見の見方

正常な心電図波形ですが、心臓の電気発生が1分間に101回以上のもの。発熱、心不全、甲状腺機能亢進症や、健康な人でも緊張するとおこります。

洞性除脈とは
心電図
検査所見の見方

正常な心電図ですが、脈拍が1分間に49以下のものをいいます。スポーツ心臓や、心臓を動かす電気命令系統に問題のある場合もあります。

洞性不整脈とは
心電図
検査所見の見方

心臓のリズムがやや不規則な状態ですが、多くは呼吸にともなう変化です。

右胸心とは
心電図
検査所見の見方

普通、心臓は胸の真ん中より少し左にありますが、これが対照的に右にある場合です。先天的な心臓病などがなければ心配ありません。

不定軸とは
心電図
検査所見の見方

病的意義は少ないことが多いですが、時に肺疾患や先天性疾患のことがあります。

二相性Tとは
心電図
検査所見の見方

問題のないことも多いですが、心臓に負担がかかった状態(狭心症等)の場合もあります。

カテゴリ別
  • 健診結果の見方
  • 検査でわかること
  • 検査所見の見方
分野別
  • 身体計測
  • 視力
  • 聴力
  • 尿
  • 便潜血
  • 血液
  • 貧血
  • 脂質
  • 肝機能
  • 糖尿病
  • 腎機能
  • 膵機能
  • 痛風
  • 胸部X線(レントゲン)
  • 肺機能
  • 血圧
  • 心電図
  • 眼底
  • 胃X線
  • 胃カメラ
  • 腹部エコー
京都城南診療所 ページの先頭へ

健康診断・人間ドック

  • 健康診断
  • 人間ドック
  • 健診用語辞典
  • 健康診断・人間ドックの申込み
  • 伏見健康友の会
  • ページの先頭へ