健診結果の見方・検査所見の見方・検査でわかること

健診用語辞典

胃カメラ
ペプシノーゲン
胃カメラ
検査でわかること

血液中のペプシノーゲン値をみることで、胃の萎縮程度を調べ、胃ガンになりやすいかどうかを見る検査です。強陽性、陽性と判定された場合は、胃の萎縮があり、ガンになる確率が高いので、年一回の精密検査(胃カメラ等)を受けられることをお勧めします。

内視鏡検査
胃カメラ
検査でわかること

口から小型カメラのついたスコープという器具を挿入し、食道、胃、十二指腸まで観察します。また、疑わしい組織を採取して、細胞診等の検査により良性悪性の区別をします。

潰瘍とは
胃カメラ
検査所見の見方

胃内部の表面の組織が欠損している状態です。

胃ポリープとは
胃カメラ
検査所見の見方

粘膜が“いぼ”のようにもりあがった病変を一般的にポリープといいます。

逆流性食道炎とは
胃カメラ
検査所見の見方

何らかの原因で胃酸が食道へ逆流し、その酸が原因で食道粘膜に炎症をおこしてしまう病気です。

びらん性胃炎とは
胃カメラ
検査所見の見方

胃の粘膜がただれた状態です。

食道憩室とは
胃カメラ
検査所見の見方

食道の一部がポケット状に外側に突出している状態で、表面は粘膜におおわれています。ほとんどが無症状ですが、時に食べ物がつっかえたり誤嚥性肺炎をおこすことがあります。また、まれに悪性のものを合併することもあります。

十二指腸球部潰瘍とは
胃カメラ
検査所見の見方

十二指腸の入り口に発生した潰瘍です。

胃潰瘍瘢痕とは
胃カメラ
検査所見の見方

潰瘍が治った跡があるということです。

憩室とは
胃カメラ
検査所見の見方

壁が部分的に弱くなって外側に膨らんで袋状になった状態をいいます。通常は症状などはありませんが炎症をおこすと腹痛、吐き気、出血などの原因になることがあります。

カテゴリ別
  • 健診結果の見方
  • 検査でわかること
  • 検査所見の見方
分野別
  • 身体計測
  • 視力
  • 聴力
  • 尿
  • 便潜血
  • 血液
  • 貧血
  • 脂質
  • 肝機能
  • 糖尿病
  • 腎機能
  • 膵機能
  • 痛風
  • 胸部X線(レントゲン)
  • 肺機能
  • 血圧
  • 心電図
  • 眼底
  • 胃X線
  • 胃カメラ
  • 腹部エコー
京都城南診療所 ページの先頭へ

健康診断・人間ドック

  • 健康診断
  • 人間ドック
  • 健診用語辞典
  • 健康診断・人間ドックの申込み
  • 伏見健康友の会
  • ページの先頭へ