健診結果の見方・検査所見の見方・検査でわかること

健診用語辞典

胃X線
胃X線検査
胃X線
検査でわかること

造影剤であるバリウムを口から飲んで、胃や食道、十二指腸の表面に、バリウムが薄く付着することにより、レントゲン写真で、それらの表面の状態が白黒の濃淡になって写ります。これにより、食道、胃、十二指腸のポリープ、潰瘍やガンなどが発見できます。

食道、胃、十二指腸ポリープ(の疑い)とは
胃X線
検査所見の見方

粘膜が“いぼ”のようにもりあがった病変を一般的にポリープといいます。良性のものがほとんどですが、胃カメラでの診断での確定が必要です。「疑い」の場合にはポリープが実際にはない場合もあります。

食道、胃、十二指腸腫瘍(の疑い)
胃X線
検査所見の見方

比較的大きい“しこり”がある場合“腫瘍”と呼んでいます。悪性の病変であることが疑われるため胃カメラ検査が必要ですが、「疑い」の場合にはヒダやバリウムのむらによる陰影のみの可能性もあります。

胃潰瘍(の疑い)
胃X線
検査所見の見方

胃内部の表面の組織が欠損している状態のことですが、悪性の可能性もありますので組織検査を含めた胃カメラでの診断での確定が必要です。潰瘍があれば良性でも治療が必要となります。「疑い」の場合はバリウムのむらによる陰影のみの可能性もあります。

胃潰瘍瘢痕(の疑い)
胃X線
検査所見の見方

胃潰瘍の治った“きずあと”のことです。良性の瘢痕が多いのですが、早期胃ガンが合併していたり、進行胃ガンが瘢痕に似ている場合もありますので胃カメラ検査が必要です。「疑い」の場合は慢性胃炎のための変形の可能性もあります。

粗大レリーフとは
胃X線
検査所見の見方

胃の粘膜にはしわが沢山あって、それをレリーフといいます。粗大レリーフというのは、普通より太いしわがある状態です。その原因として胃の病気がある場合が考えられますので、詳しい検査が必要です。

レリーフ乱れとは
胃X線
検査所見の見方

胃の粘膜にはしわが沢山あって、それをレリーフといいます。レリーフ乱れというのは、しわが不規則になっている状態です。その原因として胃の病気がある場合が考えられるので、詳しい検査を受ける必要があります。

辺縁不整とは
胃X線
検査所見の見方

胃があれていたり、伸縮性が悪くなっている状態で、潰瘍またはその痕跡、まれにがんになって胃の壁の辺縁が、直線でなく、凹凸や粘膜の乱れがみられることを示します。

皺壁集中像とは
胃X線
検査所見の見方

胃の内側の粘膜のしわが集中していることをいいます。胃潰瘍や、何らかの異常による炎症、悪性の場合もあります。胃カメラでの詳しい検査をおすすめします。

ひだ集中とは
胃X線
検査所見の見方

胃の内側の粘膜のひだが集中していることをいいます。胃潰瘍や、何らかの異常による炎症、まれに悪性の場合もあります。胃カメラでの詳しい検査をおすすめします。

隆起性病変の疑いとは
胃X線
検査所見の見方

粘膜がもりあがった病変で大きめのものや形がいびつな場合にはポリープではなく隆起性病変と呼んでいます。悪性である可能性が否定できないため、胃カメラ検査が必要です。「疑い」の場合はヒダやバリウムのむらによる陰影のみの場合もあります。

萎縮性胃炎とは
胃X線
検査所見の見方

炎症を繰り返すことでしだいに胃粘膜がうすくなり、みぞおち辺りが締め付けられるように痛んだり、胃部不快感や、食欲不振、嘔吐などの症状があります。萎縮性胃炎は胃の老化現象とも考えられますが、わずかですが慢性胃潰瘍や胃がんに進行する場合もあります。

粘膜不整とは
胃X線
検査所見の見方

胃の内部の壁が凸凹している状態です。潰瘍、腫瘍などの場合があります。

伸展不良とは
胃X線
検査所見の見方

伸縮性が失われている状態です。胃は本来よく伸び縮みするのですが、潰瘍や炎症、腫瘍があったりするとひきつれてのびなくなります。詳しい検査が必要です。

変形とは
胃X線
検査所見の見方

潰瘍や腫瘍などの可能性があります。変形の原因や程度を調べるためにも詳しい検査が必要です。

慢性胃炎の疑い
胃X線
検査所見の見方

悪性のものやその他の病変と区別したり、治療方針を決定するためにも詳しい検査が必要です。

巨大皺壁とは
胃X線
検査所見の見方

胃の表面の粘膜のひだが厚くなっている状態です。潰瘍や腫瘍が隠れている場合がありますので、詳しい検査が必要です。

アレア粗大とは
胃X線
検査所見の見方

胃の粘膜にある細かな模様のことです。これが通常より大きな模様になっている状態のことです。潰瘍や腫瘍の場合があり、詳しい検査が必要です。

ニッシェとは
胃X線
検査所見の見方

くぼんだ部分にバリウムがたまっている所見のことです。潰瘍、腫瘍、潰瘍が治った部分に現れることがあります。精密検査が必要です。

圧排像とは
胃X線
検査所見の見方

外側から押し付けたような状態です。悪性を否定するためにも胃カメラ検査をうけられることをおすすめします。

バリウム斑とは
胃X線
検査所見の見方

粘膜がへこんでいる部分にバリウムがたまる所見をいいます。潰瘍、腫瘍などの場合があります。悪性を否定するためにも胃カメラ検査をうけられることをおすすめします。

カテゴリ別
  • 健診結果の見方
  • 検査でわかること
  • 検査所見の見方
分野別
  • 身体計測
  • 視力
  • 聴力
  • 尿
  • 便潜血
  • 血液
  • 貧血
  • 脂質
  • 肝機能
  • 糖尿病
  • 腎機能
  • 膵機能
  • 痛風
  • 胸部X線(レントゲン)
  • 肺機能
  • 血圧
  • 心電図
  • 眼底
  • 胃X線
  • 胃カメラ
  • 腹部エコー
京都城南診療所 ページの先頭へ

健康診断・人間ドック

  • 健康診断
  • 人間ドック
  • 健診用語辞典
  • 健康診断・人間ドックの申込み
  • 伏見健康友の会
  • ページの先頭へ