健診結果の見方・検査所見の見方・検査でわかること

健診用語辞典

血液
赤血球形態異常とは
血液
健診結果の見方

この所見の出る疾患が数多く存在します。各種貧血や造血器関連、脂質代謝などの精密検査が必要な場合があります。

多血のコメントのあった方
血液
健診結果の見方

心筋梗塞や脳卒中をおこしやすく、また重大な疾患が隠れている場合もあります。水分を多めに摂り、内科を受診されることをおすすめします。

白血球数が基準値をこえていた方
血液
健診結果の見方

白血球は感染症などの炎症がある場合や、喫煙、ストレスなどでも高くなります。検査当日の体調に変化はありましたでしょうか(風邪をひいていた等)。一度内科で再検査をうけられることをおすすめします。

白血球数
血液
検査でわかること

白血球は主に細菌などの異物から体を守る働きをしています。体内に炎症が起きると増加します。ただし、炎症が進むと逆に減少することもあり注意が必要です。

赤血球数
血液
検査でわかること

赤血球の数が多すぎると多血症、少なくなると貧血が疑われますが、貧血と判断するには下記の関連検査を合わせて総合的見ることが必要です。

血色素量
血液
検査でわかること

血液が酸素を運ぶ力はこの量に比例します。鉄欠乏性貧血等の有無がわかります。

ヘマトクリット
血液
検査でわかること

血液の濃さを表しています。高ければドロドロの詰まりやすい血液で、低ければ貧血が疑われます。

MCV
血液
検査でわかること

赤血球の平均の体積を表します。

MCH
血液
検査でわかること

赤血球に含まれる血色素の平均の量を表します。

MCHC
血液
検査でわかること

赤血球の容積に対する血色素の割合の平均を表します。

血小板数
血液
検査でわかること

血小板は出血を止める働きをしています。出血傾向があるときにその原因を判別する目安とします。また肝障害が進行すると減少し、その重要な指標となります。

カテゴリ別
  • 健診結果の見方
  • 検査でわかること
  • 検査所見の見方
分野別
  • 身体計測
  • 視力
  • 聴力
  • 尿
  • 便潜血
  • 血液
  • 貧血
  • 脂質
  • 肝機能
  • 糖尿病
  • 腎機能
  • 膵機能
  • 痛風
  • 胸部X線(レントゲン)
  • 肺機能
  • 血圧
  • 心電図
  • 眼底
  • 胃X線
  • 胃カメラ
  • 腹部エコー
京都城南診療所 ページの先頭へ

健康診断・人間ドック

  • 健康診断
  • 人間ドック
  • 健診用語辞典
  • 健康診断・人間ドックの申込み
  • 伏見健康友の会
  • ページの先頭へ